頭部が担う役割と脳との関係

頭部は本来、脳を守っています。
そして、その構造は骨格(頭蓋骨)、筋肉、皮膚や脂肪、毛髪等に分類されます。
中でも頭皮や毛髪は頭蓋骨や筋肉を保護する役割を担っています。

つまり、頭皮や毛髪の環境が悪くなると、その関連性が深い頭蓋骨や筋肉、さらには脳に対しても負担(ストレス)を強いることになります。

身体のコントロール機能を司る脳へのストレスは、自律神経系症状や他の違和感や不快感を引き起こすなどの原因になるだけでなく、フェイスバランスの崩れや皮膚トラブル、頭皮を起因とした毛髪への悪影響など頭部内外のダメージや悩みに繋がるリスクを高める場合があります。

施術後の頭皮コンディション

ヒト本来のバランスに基づく未体験のアプローチ

頭部への施術メニューといえば、骨格(例:頭蓋骨矯正など)や筋肉(表情筋のマッサージなど)が一般的です。
写真
骨格を整えること。
筋肉を整えること。

これらアプローチも当然、頭部を良好なコンディション、バランスに導く上では有効性を持ち、意味を持つものです。
しかし、頭部を理想的なコンディションに導く為にはその構造上、骨格・筋肉への
アプローチだけでは、まだまだ足りません

なぜなら、ヒトの頭部は《骨格》《筋肉》だけでなく、《頭皮》も含めて総合的に適度なバランスを保っているからです。

つまり、頭部が本来のコンディションを取り戻すには、 骨格・筋肉だけでなく、頭皮も良好なバランスに整えるということが必要となってくるのです

カラダの”声に寄り添ったアプローチ

頭皮・毛髪のコンディションが不良となる主な原因。
その多くは、体内から排出・分泌される老廃物や日々、使用している整髪料やシャンプー等の洗浄剤に含まれる化学物質など【不純物】が蓄積することによるダメージ(汚れ)です。

頭皮・毛髪を理想的な状態に導く為には、まずダメージの原因(汚れ)を除去(クレンジング)することが大前提となります。

しかし、クレンジングは必ずしも「汚れを落としきることが正解」ではありません。
過剰なクレンジング効果は、時に頭皮・毛髪のコンディションにとって逆効果にも成りうるのです。

本来の頭皮・毛髪環境を取り戻す】メディカル頭皮ケア

普段のケアこそが落とし穴?!

【高リピート率が証明】驚きの実力

頭皮環境を整えるためのマストアイテム