Q.『医薬部外品』とはどういうものですか?

A.薬事法規定の分類方法で医薬品と化粧品の中間に位置するもの(医薬品ではないが、医薬品に準ずるもの)を意味します。

その特徴は、効果・効能が認められた成分は配合されているが、誰にでもその効果・効能が必ず認められるというものではなく、効果・効能が “期待できる” 範囲のものであって、医薬品と比べて皮膚や頭皮等の人体に対する効果・影響が比較的、緩やかで、配合する薬剤により効能や効果が変化します。
なお、最近、規制緩和の一環として、医薬品の中でその作用が緩やかなものは、新医薬部外品とされています。