メディカル頭皮ケアではなぜ、【特別なアプローチ】ができるのか

よくありがちなクレンジングでは、【除去(洗浄)】に特化したものがほとんどです。
K・Beldedのメディカル頭皮ケアは【除去(洗浄)】だけでなく、【除去の仕方】にもこだわっています。

頭皮・毛髪に残存し、トラブルやダメージの原因となる汚れ(不純物質)はその性質の大半を体内から分泌される《皮脂(油分)》が占めています。
水と油が交わらないように不純物質に含まれる皮脂(油分)もただ、すすぐだけでは落ちにくいものです。
皮脂は本来、栄養分となり身体の保護を担うものであって、その分泌は「身体が必要とする」生理現象の一つであるため、例え「不純物質」であっても”ただ全てを落とせば良い”というものではありません。

生理現象を妨げるようなアプローチは、身体の拒絶反応を呼び、逆効果です。

さらに、不純物質内には皮脂や角質といった元々、身体に存在するものだけでなく、スタイリング剤や洗浄剤等に含まれる化学物質も混在しています。
これら化学物質は粘着性が強いため、除去には相応の強い洗浄効果を要します
強い洗浄効果は、「汚れをしっかり落とす」一方で、「必要なモノまで落とし過ぎる」というデメリットもあります。
また、洗浄効果を高めるために洗浄剤に含有された成分によってアレルギーによる素肌トラブルや皮脂の過剰分泌によるベタつき、かゆみや乾燥、不快臭の発生、不純物質の増加など新たなトラブルを引き起こします

K・Beldedのメディカル頭皮ケアのクレンジングでは、汚れの性質を熟知し、身体本来の生理現象(メカニズム)と基づいたアプローチなので、身体への負担が少なく、自然なカタチで効率的、かつ効果的に汚れ(不純物質)を落とすことが可能です。

「ただ汚れは全て落とせさえすれば良い」アプローチはもう、時代遅れ。
– 頭皮・毛髪が本当に必要としている【特別なアプローチ】 –
それは、【落とし方(バランス)】にこだわった、メディカル頭皮ケアによるクレンジングなのです。